なんで蚊の対策が必要なの?

だんだんとあったかくなって来たこの時期、蚊も徐々に増えていく季節です。この時期から犬はある対策を取らなければなりません。皆さんご存知でしょうか、犬フィラリア症のお話。今回は犬フィラリア症についてまとめてみました。 

どんな病気なの?

簡単に言うと、フィラリアという寄生虫が犬の体内に寄生することで、心臓に機能障害が起こる病気です。

フィラリアの成虫は、心臓の右心室にある肺動脈に寄生します。右心室は肺に血液を送る役割をしているため、虫がいると十分な血液を流すことができません。また、右心室に戻ってくる血液も十分に戻ってこれなくなります。心臓のほか肺、肝臓、腎臓、血管に悪い影響を及ぼします。

 

目次へ戻る

 

どうやって感染するの?

犬がフィラリアに感染している「蚊」に刺されることで感染します。

フィラリアを媒介するのは、蚊です。蚊がフィラリアに感染した犬の血液を吸血することで、蚊の体内には、フィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)が入ります。その後、その蚊が別の犬を刺します。そうすると、その犬の体内にミクロフィラリアが入り、フィラリアに感染します。このように、フィラリアに感染している犬から感染していない犬へ、蚊が媒介となって広がっていくのです。犬の体内に入ったミクロフィラリアは、犬の血管の中で成長し、やがて成虫になって心臓付近に寄生します。

 

目次へ戻る

 

どんな症状なの?

成虫が心臓と肺動脈に寄生すると様々な症状が出てきます。ほとんどは慢性経過をたどりますが、まれに急性症状を示す場合があります。

初期症状(軽度)

  • 咳をする
  • 運動や散歩を嫌う
  • 痩せてくる
  • 毛艶が悪くなる
  • 食欲が無くなる
  • 散歩や運動後に失神する
  • 呼吸が浅く速くなる

症状が進むと(重度)

  • 貧血(口や目の粘膜が白い)
  • 腹水(お腹が出てくる)
  • 血尿(赤みを帯びた尿をする)

 

目次へ戻る

 

どのように予防するの?

飲み薬・滴下剤・注射の3種類あります。いずれもフィラリアに感染しないための薬ではなく、フィラリアに感染しても幼虫をすぐに殺してくれる「駆虫薬」になります。

飲み薬は、錠剤の他にもおやつのようなチュアブルタイプがあり、月に1回飲ませます。

 滴下剤は、首の下に薬を垂らすタイプで、フィラリアだけでなくノミ・ダニ予防の薬とあわせたものが多いですね。こちらも、月に1回継続して与えます。

 注射は、1回打つと半年~1年間は効果があります。

蚊が飛び始めてから、いなくなった1ヵ月後までの間、継続して飲ませます。蚊は平均気温が14度以上になると飛び始めますので、地域にもよりますが、だいたい3~4月から11月~12月くらいまでの8ヵ月間程度、継続する必要があります。 

 

目次へ戻る

 

もし感染してしまったら?

まずは血液検査をして、血中にミクロフィラリアがいるかどうか検査します。あわせて超音波などで、心臓付近に寄生している成虫の数を調べます。成虫の数が少量であれば、成虫用の駆虫薬を飲ませる内科的治療を行います。また、駆虫薬は幼虫用のものだけを飲んで幼虫を駆除しながら、成虫の寿命が尽きるのを待つ方法もあります。もし大量に成虫がいる場合は、外科手術で虫を取り出す「釣り出し法」を行います。

 

目次へ戻る

 

守ってもらいたいこと

犬フィラリア症予防の薬は獣医の処方が必要です。毎年、飲み始める時期に動物病院に行って血液検査をしてもらい、薬を処方してもらいましょう!

 

目次へ戻る