夏のお散歩対策

今年は天気の悪い日ばかりで、7月とは思えないような気温の低い日が続いていましたが、
このところはやっと夏らしい日差しが出てくるようになりました。
そうなってくると気温も急上昇してくるので、わんちゃんのお散歩もいろいろ注意が必要になってきます。
今回はそんな夏のお散歩対策をご紹介いたします。

 

夏のお散歩の注意点

真夏の日差しが照りつけるアスファルトの表面温度は日中だと60度、
夕方になって日が落ちてきても50度になると言われています。
人と比べて体高の低い犬はその影響を受けやすくなってしまうので
熱中症に対する注意が必要です。

人間は汗をかいて体温調節をしますが、
足の裏でしか汗をかかない犬は口を開けて舌を出すことで体温調節をしています。
わんちゃんがハアハア息をしながら口を開ける仕草をしていたら、
すぐに日陰で休憩してお水を飲ませてあげましょう。
その際、お腹を触ってみて“熱い”と感じたら、お腹の部分を濡らして体を冷やしてあげる事が重要です。

また、直射日光によって熱されたアスファルトやマンホールの上を歩くことで、
肉球を火傷してしまい感染症のリスクも高まります。
散歩に行く際は、早朝や夜といった道路の温度が低い時間帯を選ぶようにしましょう。

目次へ戻る

 

暑さ対策グッズを活用しよう


バンダナを巻いて首を冷やす

人間と同じで暑い時には首周りを冷やしてあげる事が効果的です。
バンダナ等を使って首の前部分、ノドの周辺を冷やすようにしましょう。
水に濡らして首に巻けるクールバンダナや保冷剤を装着できる首輪などの
熱中症対策グッズを活用して、わんちゃんの健康を守ってあげましょう。
(保冷剤を利用する際は犬が誤って食べてしまわないように注意してください)


クールウェア

気化熱や放温効果のあるお洋服です。様々な種類の商品が販売されていて、
着るだけで体感温度を下げる機能や、
水に濡らして着せると暑さをやわらげたり、UVカット機能や、防虫効果のあるもの等、
豊富なデザインや種類があるので、お散歩のシチュエーションに合わせて使えば効果的です。


肉球ケアグッズ

熱くなったアスファルトから愛犬の足を守るために、こういった肉球ケアグッズも大切です。
シューズを履かせてあげれば肉球が火傷するのを防ぐことができます。
シューズを履くのを嫌がる場合は、ワックスを塗って地面の熱さから保護してあげましょう。
また、熱い地面を歩いた後はクリームを使って肉球のケアをしてあげてください。

 

犬は暑さに弱い動物です。だからといって大切なお散歩をしないわけにはいきません。
犬の熱中症は命に関わることなので、愛犬の仕草や行動を注意深く観察して、適切な行動をとって快適なお散歩をしてください。

 

目次へ戻る